鍼灸適応症

中医学(東洋医学)では証をたてて治療します。これは病に至るまでの経過、現在の症状などを詳しく分析して治療方針をたてていく方法です。西洋医学では病名を決定し、その病気に対しての処方を行なっていきますが、中医学では症状はあるが、病院の検査などでは異常がなく病名のつかない様な方へもアプローチする事が出来ます。

原因がわからないが症状が深刻な方は相談して頂ければと思います。

鍼灸適応症

呼吸器疾患 
風邪がなかなか治らない、咳がでる、咳が止まらない、胸が痛い、息切れする、自汗(すこし動くと汗が出易く疲れ易い)、盗汗(寝汗)、喘息(ぜんそく)など

循環器疾患
血圧が高い、血圧が低い、動悸がする、不整脈など 

消化器疾患
食欲が無い、胃がもたれる、異常に食欲がある、口が渇く、むねやけする、吐き気、下痢や軟便が続く、便秘する、げっぷが多い、お腹が張る、口内炎や口角炎がよくできる、舌にできものがよくできる、急性、慢性胃炎、胃下垂、胃潰瘍、肝機能障害など 

泌尿器疾患
尿の回数が多い、夜たびたびトイレに起きる、尿が漏れる、尿の出がわるい、足が腫れる、顔がむくむ、膀胱炎、前立腺肥大、腎炎、インポテンツなど 

神経系疾患
むちうち症、めまい、いらいらする、不眠症、夢ばかりみる、肩こり、神経衰弱、腰痛、坐骨神経痛、肋間神経痛、頚肩腕症候群、三叉神経痛、顔面神経マヒ、頭痛、片頭痛、脳貧血、脳卒中の予防と後遺症の回復、言語障害など 

運動器疾患
寝違え、膝や肩、五十肩、肘などの関節炎や関節症、関節リウマチ、けん鞘炎、顎関節症、足の裏やかかとが歩くと痛いなど 

皮膚病
アトピー性皮膚炎、湿疹、にきび、じんま疹など
美容にも効果! 当院では皮膚疾患以外で鍼灸治療を続けておられる方からも「肌がきれいになりシミや皺が少なくなった」とよく聞きます!気の巡りを良くする事でからだの内から美しくしましょう! 

外科疾患
円形脱毛症、いぼ、おでき、帯状疱疹、ねんざ、打撲、椎間板ヘルニアなど 

小児疾患
夜泣き、かんのむし、消化不良、夜尿症、小児喘息 

婦人疾患
逆子、つわり、生理痛、生理不順、急に熱かったり寒かったりして汗が出る、足や腰が冷える、子供ができにくい、更年期障害 

眼科疾患
眼が暗い、眼がかすむ、疲れ眼、眼けん痙攣、仮性近視など 

耳鼻歯科疾患
めまい、耳が聞こえない、耳鳴する、耳がふさがった感じがする、アレルギー性鼻炎(花粉症)、蓄膿症、鼻血がよく出る、声がかすれる、声が出にくい、歯が浮く、歯の痛みがとれないなど 

その他の症状
微熱がとれない、足の裏がしびれる、足が頼りない、腰が曲がってきた、手があつく気持ちが悪い、足がやける、足が冷える、やたらと眠たい、からだがすっきりしない、やる気がしない、根性が無い、寒がり、のぼせ易い、いつも不安感がある